北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

土用の丑、金沢では「どじょう」も人気

北陸イメージアップ推進会議 小林です。

明後日(7/30)は、土用の丑。近江町市場の様子を見に行ってきました。

この時期のお目当ては、もちろん「鰻(うなぎ)」ですが、金沢では鰻に加えて、「どじょう」も人気です。蒲焼き屋さんで1本いただきましたが、甘辛いタレと、少しの苦みが程よく、ビールが飲みたくなります。

「どじょうの蒲焼き」を食べるようになったのは、明治の初期から。当時、金沢で軟禁されていた長崎のキリシタンが、生活の足しに水田で獲ったドジョウを蒲焼きにして街中で
売り歩いたのが始まりといわれています。(諸説あり)

そして、「岩がき」が旬真っ盛り。近江町市場では、その場で食べることができるのです。お店の人に頼むと、サッと貝を開き、水でザーッと洗って、食べやすいように出してもらえます。レモンやポン酢が準備されており、お好みで。観光で訪れた方には、気楽に食べられるので好評ですよ。どうです? 美味しそうでしょ(笑)。

一覧ページへ戻る