北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 夏の能登、「灯り舞う半島 能登 ~熱狂のキリコ祭り~」

夏の能登、「灯り舞う半島 能登 ~熱狂のキリコ祭り~」

北陸イメージアップ推進会議 小林です。

明日から7月。熱い祭りが能登の夏を彩ります。

日本遺産「灯り舞う半島 能登 ~熱狂のキリコ祭り~」
能登半島では独自の文化が育まれ、古くより数多くの祭礼が行われてきました。キリコ祭りと総称される灯籠神事は、夏の間、およそ200地区で行われています。地区同士で競い合う中で独特な発展をし、これほどまでに灯籠神事が集積をした地域は他にはありません。夏、能登を旅すれば、キリコ祭りに巡り会えることも多く、神々と巡り会う旅にもなります。

先陣をきるのは、能登町宇出津の「あばれ祭」。(7/1-7/2)見どころは、何と言っても神輿を「川に落とす、火に中に放り込む」などの、一見バチ当たりな荒業です。初めて見る人は驚くこと間違いありません。橋の上から川に落とし、川の中を担ぎまわされた後は、コンクリートにブチ当てられます。その後の八坂神社では、火の中に放り込まれてしまいます。

上左:能登島向田の火祭/七尾市 上右:石崎奉燈祭/七尾市
下左:輪島大祭/輪島市 下右:あばれ祭/能登町宇出津

一覧ページへ戻る