北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 涼感漂うちょっと穴場のスポット富山編、「宮島峡」/小矢部市

涼感漂うちょっと穴場のスポット富山編、「宮島峡」/小矢部市

「涼感漂うちょっと穴場のスポット 富山編」

梅雨のさなかに、富山県小矢部市にある宮島峡へ行ってきました。

昨年、小矢部にオープンした話題のアウトレットパークから、車で10分も山に入ると、鳥のさえずりと川のせせらぎしか聞こえない、深山幽谷の世界が広がります。

稲葉山宮島峡県定公園に指定されたここは、滝や渓流、ダムなど、水に関係する見どころがたくさんあります。

落差は小さいですが川幅いっぱいに落ちる迫力満点の滝や、渓流沿いを歩くと水辺に生息する珍しいトンボや野鳥に出あうことも。

今回は、滝めぐりをしようと思って出かけましたが、途中で雨が降って来てしまい、一の滝、二の滝、そして二の滝上部の滝しか回れませんでした。

しっとりと雨に濡れる峡谷も美しいですが、今度は晴れた日に訪ねてみたくなりました。

紅葉シーズン以外は訪れる観光客も多くはなく、まだまだ穴場と言えそうなココ。日帰り入浴もできる温泉旅館もあって、喧騒を離れてリフレッシュしたい時にもおすすめです(一の滝周辺は水遊びにやってくる家族連れが多くてにぎやかではありますが、それはそれでほほえましいです)。

また本数は少ないですが、小矢部駅から路線バスもあるので、旅行者も行きやすいです。

(写真と文:若井憲/北陸物語案内人・編集者)


一覧ページへ戻る