北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

イカの町をPR、「イカす会2016」/石川県能登町

北陸物語案内人の若井です。

能登小木港といえば、全国有数のイカの水揚げ港として知られます。そんなイカの町をPRするイベント「イカす会2016」が5月29日(日)に小木港で開催されます。

「イカす会」は1998年に始まり、2008年には資金難でいったん中止されていたものを、小木のにぎわい作りのために住民有志が2014年から復活させました。

当日は、小木港で水揚げされたイカの即売や、船凍イカの切り身に海洋深層水を長時間かけ流した名物の「いさぶ」を扱う屋台が並ぶほか、イカの一本釣りや朝獲れイカのつかみ獲り、一風変わった「走れ船凍イカ」と「一尾船凍イカ早抜き」の世界選手権も開催されます。

ちなみに、船凍イカとはイカ釣り漁船内で急速冷凍されたイカで、鮮度が保たれてとてもおいしいイカ。このイベントでは、この船凍イカのおいしさをアピールして消費拡大も目的としています。

他にも、白山丸イカ釣漁業体験航海やイカ釣り漁船見学、炭火焼コーナーなど、見て触って味わえるイカ尽くしのイベントです。
今年は、AKB48 Team8 能登応援隊!!もやってくるそうですよ。

詳しい内容は主催者:能登小木港スマイルプロジェクト実行委員会のFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/noto.ogi.smile


一覧ページへ戻る