北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 北陸最大の伽藍、井波別院「瑞泉寺」で藤のお茶会/南砺市

北陸最大の伽藍、井波別院「瑞泉寺」で藤のお茶会/南砺市

皆さんこんちは!
富山県南砺市井波交通広場観光案内所の川島です。

北陸地方最大の伽藍、井波彫刻の発祥の地 井波別院瑞泉寺で今月29日(金・祝)~5月1日(日)の3日間「藤のお茶会」が午前10時より午後4時まで催されます。

桜の花も例年になく早く咲き、もうすっかり散ってしまいましたが、藤の花(紫と白)もこの陽気に誘われて例年になく早く咲きはじめています。(現在は紫が咲きはじめ・白は2~3部咲き)

このGWのスタートきって、高岡の御車山祭り・砺波のチューリップフェアにお出かけの際、チョット足をのばして「藤のお茶会」や彫刻工房をのぞいたり、路地裏散歩などちょっとした井波での小旅行をお楽しみ下さい。

金沢駅西口から井波行きのバスも運行しております(時刻などの詳細は下記にお問い合わせください)。勿論、高岡駅発新高岡駅経由のバスも運行しております。
落ち着いた雰囲気を醸し出す 信仰と木彫りの里井波に是非お越し下さい。

※ご注意 自家用車やレンタカーでナビを利用してお越しになられるときは井波別院瑞泉寺とナビに入力ください。瑞泉寺だけですと同じ南砺市内城端地区の瑞泉寺に案内されるそうです、これもだれが設定したのか問題で、よくお客様からクレームがあります。


一覧ページへ戻る