北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

石川県で番茶と言えば、「棒茶」

北陸イメージアップ推進会議 小林です。

石川県で番茶と言えば、「棒茶」のことを言います。

茎を焙じた「棒茶」は、石川県内では普通に飲まれていますが、全国的には珍しく、「加賀棒茶」とも呼ばれています。さっぱりしたほのかな甘みと芳ばしい香りが特徴で、天皇陛下へ献上された高級なものから、庶民の普段使いまで、幅広く石川県民に親しまれています。

加賀市にある老舗の製茶場では、茶房が併設されており、「加賀棒茶」とお菓子が一緒にいただけます。枯山水の庭を眺めての一服、いいですよ。

丸八製茶場 http://www.kagaboucha.co.jp/

一覧ページへ戻る