北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

和と洋の調和、「伊藤順和堂」のいもきんつば/大野市

==================================
北陸デスティネーションキャンペーン開催
==================================
北陸物語案内人の若井です。

越前大野と言えば、朝市、そして小京都、最近では天空の城でも有名になりました。

本日紹介するのは、朝市が立つ七間通りにある和菓子屋さん「伊藤順和堂」のいもきんつば。
初めて食べた時、芋ようかんのような素朴な味を想像していましたが、一口食べてびっくり。
とても上品な味で、スイートポテトのようでもありますが、和と洋が調和した今までに食べたことのないものでした。

金沢の和菓子は有名ですが、金沢に限らず北陸三県は和菓子のレベルが高いことを実感させてくれるひと品です。

そして一度食べると忘れられず、これを買いたくて大野に行く人も多いそうです。
かくいう私もその一人。でも、期間限定で秋から春先のみの販売なので、よく調べずに行ったら販売期間が終了していたり、人気のため午後に行ったら売り切れていたりと、このところ巡りあっていません。

こうやって紹介文を書いていたら無性に恋しくなってきました。

一覧ページへ戻る