北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

【美食】富山:「地場もん屋(その4)」

===================================
北陸デスティネーションキャンペーン開催
===================================
【美食】富山「地場もん屋(その4)」

皆さん、こんにちは。富山県観光連盟の青木です。

今日も、富山市内の「地場もん屋」の紹介です。また「地場もん屋」かと、思った方、今日はとっておきのものを紹介します。

「のうかのよめ」シリーズのジャムです。富山市の呉羽(くれは)地区は、梨の栽培が盛んなところです。そんな梨を使ったジャムです。しかも、「豊水(ほうすい)」「幸水(こうすい)」と言うように品種を限定して作っています。隣には、栗ジャム。他には、さつまいものジャムもあります。富山市産の食材を使ったものばかりです。

ジャムの食べ方として、このお店ですすめているのが、最中の皮にジャムを入れて食べる食べ方です。最中と言えば、「あんこ」をイメージしますが、ジャムを入れて食べるのも美味しそうですね。この最中の皮も富山市で作っています。ジャムもお土産として持ち帰りやすいので、富山のお土産として仲間に入れてください。

このお店では、ラッピングもしてもらえるので、お土産に、いいですね。

地場もん屋総本店
営業時間:9:30~18:30 年中無休(年末年始除く)
http://www.jibamonya.com

ツイッターではその日のおすすめ等も発信中です。新幹線富山駅から市内電車、環状線「グランドプラザ前」下車、徒歩約3分。近くに富山市ガラス美術館もあります。




一覧ページへ戻る