北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

熟練した職人技による、「手すきおぼろ昆布」/福井

北陸物語案内人の若井です。

富山をはじめ、北陸三県では昆布の消費量が全国でもトップクラスです。
その背景には江戸時代から明治時代に興隆を極めた北前船の存在があります。

話しはちょっと変わりますが、昆布を薄く削ったものに「とろろ昆布」と「おぼろ昆布」というのがあります。
この2つ、言い方の違いだけで同じものと思っている方もいらっしゃるようですが、実は全く違います。
とろろ昆布は重ねた昆布の側面を薄く削るもので、一方のおぼろ昆布は昆布の平面を薄くそぐものです。
と聞いても、まだピンと来ないかもしれませんね。北陸でおにぎりにまぶして巻きつけるのがとろろ昆布、海苔のようにおかきやせんべいに巻いたり、ばってらずしにのせるのがおぼろ昆布です。同じ昆布から作られたものですが、食感や風味はかなり違いますね。

とろろ昆布は今では機械で大量に作れるようになりましたが、おぼろ昆布の方は職人さんによる手作業で作られています。透けて見えるほど薄く削るには、熟練した職人技と質の高い昆布が不可欠で、そのためおぼろ昆布は高級品です。

実はこの手すきおぼろ昆布の8割以上が福井県敦賀市で作られていることは意外と知られていません。

敦賀は北前船の寄港地で、関西とのつながりが昔も今も強く、関西の昆布文化の支え続けています。

今度、おぼろ昆布に出会ったら、ぜひ敦賀を思い出してください。

一覧ページへ戻る