北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

「水ようかん」は冬のスイーツ/福井

北陸イメージアップ推進会議 小林です。

冬の福井、定番スイーツ「水ようかん」は、おこた(こたつ)で食べる。

福井の水ようかんは、普通の練羊羹と比べて糖度が低く作られていることから、常温では日持ちせず、保存が効きません。冷蔵庫がなかった昔は、室外の廊下や納屋を冷蔵庫がわりに保存していたことが、冬の福井を代表するスイーツとなった理由の一つ。

福井では、和菓子屋さんの数だけ、「水ようかん」があると言っても過言ではなく、各店が独自の水ようかんを作っています。福井市民はそれぞれお気に入りの「水ようかん」があるようですが、食べ比べするのも楽しそうですね。

一覧ページへ戻る