北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 「江戸城腹痛事件」がきっかけ、富山の薬が諸国で売られるように

「江戸城腹痛事件」がきっかけ、富山の薬が諸国で売られるように

北陸広域観光推進協議会 上田です。

「江戸城腹痛事件」

元禄3年(1690)江戸城内で三春藩のお殿様が激しい腹痛で苦しみだします。富山藩の2代藩主である前田正甫(まえだまさとし)公が、反魂丹(はんごんたん)という薬を飲ませたところ、すぐに腹痛は治まったそうです。その効き目に諸大名は驚いて、「わが藩でも販売してほしい。」と口々に頼んだそうです。富山の薬が諸国で売られるきっかけになった事件です。
富山城址公園内には前田正甫公の像がそびえ立っています。

富山市は「富山やくぜん」という健康に良いとされる食事やお菓子などをご当地グルメとして紹介しています。健康を考えて体の中からリフレッシュ、美味しい薬膳料理を是非味わってみてはいかがでしょうか?

富山やくぜんHP  http://www.yakuzen-toyama.com/index.html

一覧ページへ戻る