北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 「越前坂井辛み蕎麦」、心地よい辛味は、ソバを美味しくする/坂井市

「越前坂井辛み蕎麦」、心地よい辛味は、ソバを美味しくする/坂井市

北陸イメージアップ推進会議 小林です。

福井県で蕎麦と言えば「おろし蕎麦」が有名ですが、坂井市のおろし蕎麦は「越前坂井辛み蕎麦」と称し、その名のとおり辛いところが特徴です。

福井県は全国有数のそば産地ですが、中でも坂井市は県内最大の生産地となっています。その坂井市では、大根の辛味がソバの風味を引き立てることから、越前辛味大根のおろし汁にダシを合わせ、それをソバにぶっかけて食べる方法が好まれています。

私が訪れた三国町の新保屋さんは、芸能人も多数訪れる有名店。どれだけ辛いのだろうと、恐る恐るまず一口食べてみる(それほどでもないな)。続いて二口め、三口めと食べると(やっぱり辛い!)。あとから口の中に辛味が広がってきましたが、その辛味は心地よい辛味であり、ソバを美味しくするものと感じました。また、さらに辛いと辛味がソバの風味に勝ちすぎると思われ、微妙なところで調和されているようでした。

「越前坂井辛み蕎麦」には、R‐0(誰でも食べられる)、R‐12(ピリッと辛い)、R0‐15(辛い)の辛さが3段階に分けられており、店によって提供しているソバの辛さが違います。因みに私が食べたのは最も辛いR‐15指定でした。食べに行く時は、事前にHPで調べた方がよろしいかと。
http://www.karamisoba.com/index.html

一覧ページへ戻る