北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 「たら汁」は、ぷりぷりの身、ゼラチン質の皮、異なる食感がたまらない/富山県朝日町

「たら汁」は、ぷりぷりの身、ゼラチン質の皮、異なる食感がたまらない/富山県朝日町

北陸物語案内人の若井です。

寒くなるこれからの季節、恋しくなるのが体の芯から温まるアツアツの汁物ですね。

新潟県との県境にある富山県朝日町の名物として知られるのがたら汁。北陸本線越中宮崎駅周辺では「たら汁」と掲げたお店が国道沿いに並び、この界隈は「たら汁銀座」とも呼ばれているそうです。

北陸地方では、タラといえばマダラが一般的。でも、このたら汁に使うのはマダラより小さいスケトウダラ。メスは卵巣がたらこになる方です。

たら汁はもともと沖に出た夫の帰りを待つ妻たちが浜辺で作った漁師の朝食でした。それを周辺の鉱泉に来た湯治客へ振る舞い、それが評判になったそうです。

たら汁は、たらとささがきにしたごぼうとネギを入れ、味噌で味を調えるだけのシンプルな料理。だしは不要で、肝や骨、白子や真子からいいだしが出ます。
淡白ながらぷりぷりとした身と、ゼラチン質をたっぷり含んだ皮や頭など、部位によって異なる食感がたまりません。

なお、お店によっては、「たら汁」を注文すると大ぶりの汁椀に軽く3杯くらいの量が鍋で出てきます。一人で1つを頼むとエライことになりますのでご注意を。
ちなみにそれを知らずにご丁寧にライスまでつけて注文したのがこの写真です(笑)。

一覧ページへ戻る