北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 有磯海(女岩)が「おくのほそ道の風景地」として国名勝に指定!/高岡市

有磯海(女岩)が「おくのほそ道の風景地」として国名勝に指定!/高岡市

こんにちわ☆富山県観光連盟の青木です。
高岡市観光協会の林さんからの情報をご案内します。

文化庁では、このたび『おくのほそ道』に関係する優れた風致景観を保護するため、『おくのほそ道』に登場する名所・旧跡のなかから10県13箇所を名勝として文化財指定することになりました。本市においては「有磯海(ありそうみ)(女岩(めいわ))」が、11月15日(金)に開催された国の文化審議会において、指定の答申を受けました。

雨晴海岸は、女岩をはじめとする奇岩と白砂青松が続き、海越しに3,000メートル級の立山連峰を望むことができる景勝地です。越中国守として高岡市伏木に赴任していた万葉の歌人大伴家持はその美しさを絶賛し、万葉集に多くの歌を詠みました。松尾芭蕉が句に取り込んだ「有磯海」の歌枕は、家持が「荒磯」という言葉で越中の歌に詠んだことが始まりとされています。

これから寒くなるにつれ、発生率が高くなる「けあらし」という海面上に立つ霧と、雪に覆われた立山連峰のコラボレーションは絶景です。ぜひ一度、この美しい景色を見に雨晴海岸にお越しください!

一覧ページへ戻る