北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

「舳倉島」では、朝夕のドラマチックな景色が楽しめる

北陸物語案内人の若井です。

北陸など日本海側に住んでいるとあたり前に思っているものが、太平洋側ではそうでもないもの――。たとえば、夏より冬の方が雷のシーズンだとか、三色の信号機が縦についているのが多いとか、まあ、いろいろありますが、実は夕日が海に沈むのもその一つのようです。

もちろん、日本海側でもそうでないところもあれば、東シナ海に面した九州西部なども海に沈む夕日が見られますが、海に沈む夕日になじみのないところからやってきた方は、その幻想的な瞬間に忘れることのできない感動を覚えるようです。

写真は石川県輪島市の沖に浮かぶ舳倉島から観たもの。小さなこの島からは海から昇る朝日も観ることができ、朝夕のドラマチックな景色が楽しめます。

舳倉島はちと遠いですが、北陸には海に沈む夕日を眺めるのにおすすめビュースポットがまだまだたくさんあります。

北陸を訪れた際、天気が良ければそんなスポットへ足をのばし、日没のひと時を潮風に吹かれながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

一覧ページへ戻る