北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

紅葉名所「兼六園」の中でも、息をのむ山崎山

北陸物語案内人の若井です。

高い山の紅葉はすっかり落葉し、そろそろ紅葉前線が里に降りてくる今日この頃。
金沢の街の街路樹も色づきはじめ、兼六園の紅葉も気になってきます。

紅葉は年によって当たりはずれがあり、色あいがイマイチな年もあります。ただこれはどうも全国的というわけでもなく、さらに同じ県内でも、場所によってまちまちという気がします。

金沢で紅葉の美しい場所と聞かれたら、私のおすすめはやっぱり兼六園です。
兼六園はみなさんご存知でしょうが、意外とちょっとだけ見て帰っちゃう人が多いんです。

写真は数年前の兼六園の山崎山の紅葉です。

山崎山はご存知でしょうか?
山といっても人の手によってつくられたもので、その標高はわずか9m。
金沢城や金沢21世紀美術館の側から兼六園に入ると、一番奥まったところにあるため、ここまで足をのばさない方もいらっしゃるようですが、紅葉の名所・兼六園の中でもここの紅葉は息をのむほど見事です。

兼六園の紅葉の見ごろは例年、11月の中旬から下旬です。

一覧ページへ戻る