北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • JR氷見線、「忍者ハットリくん列車」に新たに4両目が加わる

JR氷見線、「忍者ハットリくん列車」に新たに4両目が加わる

こんにちは☆富山県観光連盟の青木です。
高岡市観光協会の林さんからの情報をご案内します。

漫画「忍者ハットリくん」の作者である藤子不二雄(A)氏が氷見(ひみ)市のお生まれであることにちなんで、外観から車内の内装にいたるまで「忍者ハットリくん」のラッピングで包まれた「忍者ハットリくん列車」がJR氷見線を走っています。(時々JR城端(じょうはな)線でも走っています。)

今まで「忍者ハットリくん列車」は、それぞれラッピングの絵柄が異なる3両がありましたが、11月2日(土)から新たに4両目が加わりました。しかも、青色が基調だった今までの3両と異なり、こんどの4両目は白色が基調で、それにレインボーカラーが添えられ、目立つこと、目立つこと。

さらに、今までの3両は「忍者ハットリくん」のキャラクターに加えて、JR氷見線と城端線沿線の観光地の絵柄でしたが、今回は車両の内外に漫画「忍者ハットリくん」に登場するキャラクターだけが描かれています。漫画「忍者ハットリくん」のファンの皆様、必見ですぞ!

また、JR氷見線・城端線には、沿線4都市の観光資源をデザインしたラッピング列車も走っています。氷見市版、高岡市版、砺波市版、南砺市版の4両です。「忍者ハットリくん列車」と合わせると全部で8両のラッピング列車が走っていることになります。これも全国的に見ても、例が無いのではないでしょうか。全国の鉄道ファンの皆様、お見逃しなく!

新しい「忍者ハットリくん列車」や、城端・氷見線沿線4都市のラッピング列車について詳しくはこちらをご覧ください。
http://johana-himisen.com/

一覧ページへ戻る