北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 新湊漁港「昼セリ」見学可能、ベニズワイガニ漁が解禁で活気付く

新湊漁港「昼セリ」見学可能、ベニズワイガニ漁が解禁で活気付く

北陸イメージアップ推進会議 小林です。
射水市地域推進担当の松田さんからの情報をお知らせします。

浜前漁場と言われる漁場が非常に近い新湊漁港では、通常の朝セリのほか昼セリが午後1時から行われており、地元では「七時(などき)のセリ」と呼ばれています。

新湊漁港ではたくさんの種類の魚介類が水揚げされますが、そのほとんどがその日獲れたものばかりなので新鮮さは抜群です。主に市内の仲卸業者や料理店が競り落とし、都内などにも出荷しているそうです。
今月よりベニズワイガニ漁が解禁で市場も活気付いており、11月からズワイガニ漁も始まります。11月から来年1月に最漁期を迎えます。

この昼セリは一名様から団体様まで無料で見学が可能ですが、ご予約をお願いしております。(現在、市場の改修工事に伴い入場制限をする場合がございます。)
開催日は月曜日~土曜日(不定期で水曜日休み/10月は2日、23日)  時間は13:00~(12:45集合)  約30分ですが、漁獲量により変わります。
【注意点】 ・大声を出さない ・手を上げたり振ったりしない ・魚に触れない ・セリ中は動画、写真撮影禁止。

お問い合わせ先:新湊きっときと市場
e-mail:info@kittokito-ichiba.co.jp
TEL:0766-84-1233  FAX:0766-84-1244
担当:射水市地域推進担当(瀬戸)

一覧ページへ戻る