北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 「一福」のおろし蕎麦は、「塩だし」が蕎麦本来のうま味を引き出す/福井県池田町

「一福」のおろし蕎麦は、「塩だし」が蕎麦本来のうま味を引き出す/福井県池田町

北陸電力の吉村です。

福井にきてから、かなりの頻度で名物の「おろし蕎麦」を食べています。県内各地に必ず美味しい店があるので近くを通るとつい入ってしまうことに。蕎麦に大根おろしの単純な組み合わせだからどこも同じだろうと思われるかもしれませんが、店によって随分味わいが異なります。

先日、立ち寄った「一福」(池田町)のおろし蕎麦は「塩だし」が特徴(普通は醤油だし)です。自家製の大根とねぎに天然の山葵を組み合わせていただきます。「塩だし」は、能登をはじめ、複数の海塩をブレンドしてあるそうで、シンプルな琥珀色のだしが、そば本来のうま味を引き出しているように感じました。

一覧ページへ戻る