北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 「おおざわの石仏の森」と「ふれあい石像の里」を珍百景に/富山市

「おおざわの石仏の森」と「ふれあい石像の里」を珍百景に/富山市

北陸イメージアップ推進会議 小林です。

富山市で面白スポットを見つけました。
「おおざわの石仏の森」と「ふれあい石像の里」です。

富山市中心部から国道41号線を岐阜県方向へ15キロほど行ったところに神通川第2ダムがありますが、国道から見てダムの対岸にそのスポットはあります。

「石仏の森」には多種多様な石仏が、斜面の至る所に整然と立っているのです。それもハンパな数ではありません。さらに上流の方へ進むと「石像の里」があります。こちらは仏像ではなく、人物像がビッシリ。中にはポーズをとっている像もあります。
合わせて1000体以上あるそうですが、私は始皇帝の兵馬俑を思い起こしました。「ナニコレ珍百景(TV朝日)」で未だ扱われていないのなら、応募すべきですね。

(上:おおざわの石仏の森  下:ふれあい石像の里)

一覧ページへ戻る