北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

「氷室まんじゅう」で無病息災を祈る/金沢

北陸物語案内人の若井です。

毎年7月1日、金沢では「氷室まんじゅう」を食べる風習があります。

加賀藩は「氷室の節句」(陰暦の6月1日)に幕府へ氷を献上していました。その氷が無事に江戸に届くことと、無病息災を祈りながら庶民が食したのが「氷室まんじゅう」です。

その後、氷室開きは一時廃れてしまいましたが(昭和61年から湯涌温泉で復活)、面白いことに「氷室まんじゅう」を食べる慣わしは金沢を中心にずっと根付いています。

もともとは麦まんじゅうだったそうですが、現在は酒まんじゅうで作るところが多く、時期が来ると和菓子店はもちろん、スーパーやコンビニでも買うことができます。

氷室の節句には竹に巻かれたチクワと炒り米、アンズも沿えるのが古くからの作法ですが、近年はまんじゅうとチクワを食べるだけというところが多いようです。

一覧ページへ戻る