北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

シリーズ・北陸の滝めぐり その2 「鶴ヶ滝」/加賀市

北陸物語案内人の若井です。

今回紹介するのは石川県加賀市の「鶴ヶ滝」です。山代温泉や山中温泉からさらに山の奥へと進んだ蔵掛山の麓にあります。

鶴ヶ滝は、大小5段の滝で、一番奥の最大のものは二筋に分かれています。落差は五段合わせて30mほどあります。広場には鶴ヶ滝不動王がまつられており、ここから眺める滝の姿はとても優美です。しぶきをあげる二筋の滝の様が、まるで鶴の足のようであることからこの名前がついたと言われていますが、豪快さとしなやかさを兼ねそなえた美しい滝です。

この滝の近くには国の重要伝統的建造物群保存地区に登録された加賀東谷の山村集落や、川遊びやキャンプ、バーベキューが楽しめる石川県県民の森があります。

○北陸自動車道加賀ICから車約40分。山中温泉から車約15分。駐車場から徒歩5分。

KAGA 旅・まちネット「鶴ヶ滝」
http://tabimati.net/midokoro/detail_kanko.php?p=3987

一覧ページへ戻る