北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 「白山平泉寺・歴史探遊館まほろば」で、1300年の信仰の歴史を知る

「白山平泉寺・歴史探遊館まほろば」で、1300年の信仰の歴史を知る

北陸広域観光推進協議会 上田です。

昨年新しくできた「白山平泉寺(はくさんへいせんじ)歴史探遊館まほろば」は国史跡白山平泉寺旧境内の総合案内施設です。発掘された出土品の展示をはじめ、およそ1300年にわたる人々の信仰と歴史をまなぶことができます。

日本人は古くから、さまざまなものに神が宿ると信じ、特に高い山へ修業に入ることで特別な力が備わると考えられていました。江戸時代には富士山、立山とともに日本三霊山と呼ばれ崇められる存在になります。
越前側の登り口に開かれた山林寺院が平泉寺です。

日本一の苔と言われる平泉寺の苔は約220種類あり、じゅうたんのように地面を埋め尽くしています。平成元年に発掘調査を始め、まだ一割しか進んでいないようですが、生活の跡が…わかる多くの皿や壺、下駄などが出土しており、かつては多くの人が生活をする中世の宗教都市であったことが明らかになってきているそうです。杉の木に囲まれた静かな境内を歩いていると、この場所に多くの人が生活していたとは今ではとても想像できません。

歴史探遊館まほろば
http://www.city.katsuyama.fukui.jp/heisenji/mahoroba/

一覧ページへ戻る