北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • シリーズ・北陸の滝めぐり その1 「常虹の滝」/富山市

シリーズ・北陸の滝めぐり その1 「常虹の滝」/富山市

北陸物語案内人の若井です。

急流河川が多い北陸には滝も多く、落差日本一の称名滝(富山県立山町)など広く知られた滝以外にも、地元以外ではほとんど知られていない見事な滝がたくさんあります。
ここでは、そのようなメジャーではありませんが夏に涼を求めて訪れるのにピッタリという滝をピックアップしていきます。

今回紹介するのは富山市といっても岐阜県との県境に近い山深い場所にある「常虹の滝」です。メルヘンチックな名前ですが、ここにはいくつかの滝が連なり、その立ち上る水煙から朝によく虹が出るため、これらの滝の総称としてこの名前がついたそうです。

滝のマイナスイオンと森のフィトンチッドが心と体をクールダウンしてくれるでしょう。夏には滝を眺めながら食べられる流しソーメンも人気です。

○北陸自動車道富山ICから車約30分。JR高山本線猪谷駅から徒歩約20分。

富山市観光ガイド「常虹の滝」
http://www8.city.toyama.toyama.jp/kanko/album_detail.phtml?Record_ID=629d668cc1158b3e7cf1e58a012d0429&TGenre_ID=210

一覧ページへ戻る