北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

海王丸の非公開部分を覗いてきました。/射水市

北陸イメージアップ推進会議 小林です。

富山県射水市の海王丸パークには、商船学校の練習船として60年近く活躍した帆船の「海王丸」が、以前と変わらない姿で公開されています。

この度、10数年ぶりのドック修理を終えたことにより、通常非公開となっている部分の特別公開がありましたので、チョット覗いてきました。
今回特別公開された所は、セイルストアー(帆置き場)・作業場・エンジンルーム・冷凍庫(食物貯蔵庫)です。非公開となっている理由は、天井が低い・急な階段などで危険個所が多いからとのこと。ヘルメットを被っての見学となりました。

エンジンルームへ降りる階段が梯子のような急な階段で、降りる前に降り方の説明を受けたことで無事降りることができましたが、昇るときに気を緩めたせいか、足のスネを思い切りぶつけてしまって痛かった(涙)

海王丸ではボランティアを募集しています。年間10回、「総帆展帆」といって全29枚の帆を全て広げることを行います。それには80名の人手が必要ですが、海王丸の船員は10名ほどしかいないので、ボランティアに協力してもらい実施します。我こそはと思う方は是非! (それ以外のボランティアもありますよ。)

(海王丸パーク)
http://www.kaiwomaru.jp/

(海王丸)
(セイルストアー・帆置き場)
(作業場)
(エンジンルームへの階段)
(エンジンルーム)
(食物貯蔵庫の棚)

一覧ページへ戻る