北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 能登半島曽々木海岸の「垂水の滝」は、別名「吹き上げの滝」

能登半島曽々木海岸の「垂水の滝」は、別名「吹き上げの滝」

『ほくりく、四季の彩』

北陸イメージアップ推進会議、小林です。

能登半島曽々木海岸の「垂水の滝」は、別名「吹き上げの滝」と言われています。

海に直接流れ落ちるところが特徴ですが、真冬の海からの強風にあおられ、上空に吹き上がることから「吹き上げの滝」とも呼ばれています。
撮影した時は、気温も低く風も強かったのですが、吹き上がるほどの強風ではありませんでした。それでも、滝口の上方に吹き上がっている様子は、下の写真のとおりカメラにとらえることができました。

また、波も荒かったせいか、「波の花」も見ることができましたね。
願わくは、波の花が宙に舞っているところと合わせて、滝が吹き上がるところを撮りたかったのですが、寒さに負けて早々に退散してしまった次第です。申し訳ない。

一覧ページへ戻る