北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

黒部市生地、名水の里 「水だんご」

こんにちは。北陸物語案内人の若井です。

北陸物語取材からの情報です。

さて、富山県黒部市生地に行ってきました。

ここは名水の里として知られ、その名水を使って作られる名物のひとつが「水だんご」。
上新粉と片栗粉を練って蒸して、名水で冷やして、きな粉をかけて食べる素朴なおやつ。明治時代にはすでにこの辺りで馴れ親しまれていたものらしいです。

休み処「あい」では1人前なんと100円という安さで食べられます。

ただし、このお店は土曜日・祝日のみの営業(12~3月は休み。また祝日は休む時もあります)。しかも、水だんごは9月末までの販売なので、「食べたい!」と思った方は、今年のチャンスはあと29日の1日のみです。

○生地まち歩きガイド
http://www.ikuji-machiaruki-guide.com/

○北陸物語のバックナンバー(電子版)はこちらで
http://monogatari.hokuriku-imageup.org/

一覧ページへ戻る