北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

「みくりが池温泉」 ここは”日本一高い温泉”/立山

北陸の温泉めぐり 3

こんにちは。北陸物語案内人の若井です。

富山県には、私が知るところで「日本一」といわれる温泉が少なくとも2つあります。

ひとつは富山市にある「高天原温泉」で、これはたどり着くのに最低でも2泊3日はかかるという「日本一歩かない行けない温泉」。そしてもうひとつがこの「みくりが池温泉」で、ここは「日本一高い温泉」なのです。日本一高いといっても値段ではなく標高ですから安心してください(笑)。
でも、そんな山の中では結構歩くんじゃないかと、心配になりますよね。しかし、ここはアルペンルートの室堂バスターミナル(標高日本一の駅)から徒歩わずか10分ちょっと。

北陸では珍しい、白濁した硫黄臭のする温泉らしいお湯で、源泉はすぐ下の地獄谷から引いていて、無加水無加温の源泉100%のかけ流しです。

さすが、これだけ標高が高いとすでに周囲では紅葉が始まっていて、もうすぐ見頃を迎えるそうです。この宿は冬期休業で今年は11月25日までの営業となりますが、その頃は一面の銀世界。厳冬期の冬山に比較的気軽行って、のんびり温泉に浸かれるのも、ここの魅力ですね。

◎みくりが池温泉
http://www.mikuri.com/index.html

一覧ページへ戻る