北陸物語facebook ~雨上がりの兼六園へ~

一雨ごとに緑が濃くなっていくこの時期、1ヶ月ぶりの兼六園へ。

1ヶ月前は眩しかった新緑も、今はだいぶ落ち着き、雨上がりで水をたっぷりと含んだ苔は、青々として、とても美しいです。
見上げれば、緑のグラデーション越しに光が降り注ぎ、爽やかな気分にしてくれます。

今年もフクロウの仲間のアオバズクがやってきていました。瓢池の周りにいますので、ぜひ探してみてください(写真はちょっとわかりにくいですね、汗)。

また、金沢神社脇の方丈池ではスイレンの花が見ごろを迎えています。

曲水のカキツバタの花は見ごろが過ぎた感じ。

園内では、たくさんの修学旅行生が、元気いっぱいに庭園散策を楽しんでいました。
今、金沢をはじめ、北陸には大勢の修学旅行生が来ています。修学旅行って、幾つになっても思い出に残り、旅先ではいろいろあっても、まあ、だいたいの人は良い思い出になっているんですよね。そんな修学旅行の旅先に北陸を選んでくれたことに、ただただ感謝です。
そして、みんなが幾つになっても、この旅行が、そして北陸が良い思い出になることを願っています。