北陸物語facebook ~自然の楽園・蟹淵へ/能美市~

石川県能美市にある蟹淵(がんぶち)。
標高268mの山の中にあり、木々に囲まれ、神秘的なムードが漂い、大蟹が住むという伝説が残っているそうです。

ここの魅力はなんと言っても豊かな自然。
通常は標高1000m以上の高地でしか見ることができないルリイトトンボや、水面に覆いかぶさる木々の上で産卵をするモリアオガエル、石川県の準絶滅危惧に指定されているヒツジグサが生息するなど、貴重な動植物の宝庫で、能美市の天然記念物にも指定されています。
淵の周囲は約300mあり、歩いて1周することができます。梅雨に入る頃は、モリアオガエルの産卵シーンや、ハート型になって交尾するルリイトトンボが見られるかも。ネイチャーフォトグラファーにも人気のスポットです。

なお、駐車スペースからは30分ほど山道を歩きます。また、自然豊かなこの一帯にはツキノワグマも生息していますので、訪れる際は抜かりない対策をお忘れなく!
(早朝や夕方の訪問を控える、音の出るものを持っていく、なるべく一人では行かないなど。私自身、数年前にここでクマとニアミスした経験あり)

蟹淵−ほっと石川旅ねっと
https://www.hot-ishikawa.jp/spot/5172