北陸物語facebook ~源平咲きの梅の花を探そう!~

北陸物語案内人の若井です。

今年は早くも各地で桜が咲き始めていて、世の中の関心は一気に桜の方へ傾きつつありますが、北陸地方ではまだまだ梅が見頃。

金沢市にある大乗寺山丘陵公園へ行ってきました。ここは、市街地や日本海まで一望できる高台にあって、初夏のツツジの名所として有名ですが、梅園もあるんですよ。

まだ若い小さい木が多く、高台にあるせいか、見頃はこれからという感じでした。中には1本の木に紅と白の2色の花をつけた「源平咲き」の木も発見。写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、手前の紅と奥の白い花は実は一本の木(って、わかりにくいですね、汗)。

ちなみに、源平咲きとは、白旗を使っていた源氏と、赤旗を使っていた平家になぞられたもの。
さらにちなみに、プロ野球の紅白戦とか紅白歌合戦の紅白も、その由来は源平合戦なんです。
さらについでに、源平咲きは梅に限らず、ツバキやモモ、ツツジにも見られるそうです。

今まであまり意識していませんでしたが、源平咲きを探しながら花見というのはなかなか楽しいです。ぜひお試しください。

それにしても、今年はソメイヨシノの開花が早いですね。もしかしたら梅と桜の競演も見られるかも。