北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

美技

【富山】かまぼこ手作り体験

富山はかまぼこの生産が盛ん。とりわけ有名なのが「細工かまぼこ」です。鯛や鶴亀などの瑞祥をかたどった鮮やかなもので、結婚式の引き出物には欠かせません。そんな由緒あるかまぼこの手作りが体験できます。新鮮な海の幸を使って手作りしたカラフルなかまぼこは、まさに世界でひとつだけ。お土産にもおすすめで、お子さまでも体験できます。

【石川】金沢金箔体験

金沢の金箔シェアは約99%を誇ります。これは藩政期から加賀藩が箔打ちを奨励しており、幕府から禁止されても隠れてそれを続けていたといわれるから。そのおかげもあり技術が今にいたるまで伝承されています。そんな金箔を使って箸やお弁当箱などに金箔を貼る体験ができます。柄はさまざま。自分だけの逸品を手作りしてみませんか。

【福井】若狭塗箸研ぎ体験

塗り箸の一大産地、若狭。国内の塗り箸生産の8割を占める、名産品です。幾重にも塗られた色とりどりの漆と、貝や卵の殻が塗り込められた箸を研ぎ出し、柄を浮かび上がらせる体験ができます。丹念に研ぎだせば美しい柄が出てきて、世界でたったひとつの箸のできあがり。自分だけのオリジナルの品をつくってみましょう。

【富山】HAN BUN KO 鋳造アートクラフト

富山西部の高岡市は、加賀藩主・前田利長が鋳物造りを奨励したことから鋳物文化が発展した街です。そんな高岡市にある工房で、溶かした金属を型に流し込む鋳造の技術を使って、錫のぐい呑みをつくる体験ができます。型をつくるところから最後の研磨まで、すべて手作業でつくった自分だけのぐい呑みは、愛着もひとしおです。

【石川】漆めぐりパス

その丈夫さと優美さから全国的にも知られている輪島市の伝統漆器「輪島塗」。新しく登場したクーポン「漆めぐりパス」を使えば、観光しながら輪島市の漆文化に触れることができます。輪島キリコ会館と輪島塗会館の入館料とオリジナルMY箸づくり体験がセットになったお得なパスで、輪島塗と輪島市を身近に感じてみませんか?

【福井】越前和紙 紙すき体験

1500年の歴史を持つと言われる越前和紙。「紙の王様」と呼ばれるほどの品質の高さを誇り、古くから公家や武家の公用紙として珍重されたほか、日本最古の藩札や日本初の全国紙幣にも採用されました。横山大観や東山魁夷などの日本画の巨匠、さらには、あのピカソにも愛用されました。越前和紙の里では、歴史と伝統ある越前和紙の紙すきが体験できます。


北陸で花開いた高い絵画文化

伝統工芸や美術鑑賞を目的として北陸を訪れる方々は少なくありません。ただ、その多くは「金沢」や「高岡」などのように、「点」を目指します。しかし、歴史的な流れを見れば、広く北陸各地に芸術や文化を醸成させる素地があったことや、江戸時代に花開いた日本を代表する名に負う絵師の多くが、直接、あるいは間接的に北陸の影響を強く受けていたことが分かります。


伝統産業が息づく古き町

北陸には古き良き姿を残しながら、その場所を支えた伝統産業も受け継がれている町があります。

一例として、富山県高岡市 金屋 かなや 町、石川県金沢市大野、福井県越前市旧 今立 いまだて 町エリアが挙げられます。いずれも「レトロ」な風景が残っていることに加えて、今も続く伝統文化・産業で発達した町です。金屋は「 鋳物 いもの 」、大野は「醤油」、今立は「和紙」。それぞれの産業の間には何のかかわりもないものの、その落ち着いた風情と職人気質は似通っているといえるでしょう。


北陸の歴史 ニッポンを運んだ北前船

江戸時代、日本海沿岸各地と瀬戸内海を経て関西を結ぶ海路として「西廻り航路」(北前船きたまえぶね)が確立しました。北前船によってもたらされた富と人や物が、激動期の日本に与えた影響は計り知れません。