北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 高さ4~5mもの巨大な武者人形が街を練り歩く‟三国祭”/坂井市

高さ4~5mもの巨大な武者人形が街を練り歩く‟三国祭”/坂井市

三国祭開催中!山車の練り歩きは、明日5月20日。

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。
「三国祭」は “北陸の三大祭” のひとつといわれる、福井県坂井市三国町の春祭りです。

高さ4~5mもの大きな武者人形が、三国の街を練り歩きます。江戸中期には行われていたお祭りで、天保15年(1844)から、現在のような巨大な人形の山車になったそうです。太鼓や笛の音色、たくさんの出店が、お祭りのムードたっぷり。じろりと人形達が睨みをきかせていますが、何だか可愛らしさを醸し出しています?

北前船の往来で繁栄した三国町。当時の風情を残す街並みや、辛味大根の効いた越前おろしそば・酒まんじゅうなどのグルメも魅力的です。

<三国祭>
2019年5月19日(日)~21日(火)
山車の練り歩きは5/20(月)
福井県坂井市三国町
坂井市HP 
https://www.city.fukui-sakai.lg.jp/kanko/kanko-bunka/kanko/matsuri/mikunimatsuri.html

(ご参考:北陸の三大祭)
・富山県高岡市「御車山祭」
・石川県七尾市「青柏祭」
・福井県坂井市「三国祭」

(写真提供:公益社団法人福井県観光連盟)

一覧ページへ戻る