北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 「ふくみつ千本桜ライトアップ」。素朴なライトアップがとてもメルヘンチック!/南砺市

「ふくみつ千本桜ライトアップ」。素朴なライトアップがとてもメルヘンチック!/南砺市

北陸物語案内人の若井です。

週末、富山県南砺市の「ふくみつ千本桜ライトアップ」を観てきました。
ここは富山市内にくらべるとやや遅れているため、ちょうど満開になったという感じでした。

昨今、ライトアップといえば、LEDを使ったものが主流ですが、ここのライトアップは、なんと裸電球!(一部は投光器もあり)

工事現場で見かける、網のカバーがついた裸電球を桜の枝に渡してあるだけ。一見無造作ですが、小矢部川の河川敷に降りて見上げると、枝にたわわに実った裸電球が、とってもいいムード。

川べりに続く、電球色の桜の帯は、まるで地上に続く天の川みたいでもあり、メルヘンチックです。

桜の開花が遅れているため、今年はライトアップ期間を4月21日まで延長したそうです。ソメイヨシノ以外に、サトザクラも植えられているので、しばらくお花見が楽しめそう。
他所にはない、個性的なライトアップを見にいらしてください。

詳しくは下記の「旅々なんと」をご覧ください。
http://www.tabi-nanto.jp/event/post_311.html

一覧ページへ戻る