北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

桜の花に囲まれた石川門は、雲海の城のように。/金沢市

北陸物語案内人の若井です。

4月8日、桜が満開の金沢城公園へ行ってきました。
国の重要文化財で数少ない江戸時代からある石川門は桜の花に囲まれて、雲海の城みたいになっています。
丑寅櫓跡からは、兼六園の桜が一望できます。お殿様気分で花見ができる素敵な場所なんですが、意外と訪れる人は少なく穴場。

城内一のお花見スポット・内堀の桜並木は、今がちょうど満開です。
ここは夜になるとライトアップされた桜がお堀の水に映ってとってもキレイ。せっかくなので、数年前に撮った写真もアップしておきますね。
また、散り始めるとお堀は花筏で覆われて、それもまた人気なんです。
昼、夜、花筏と三様のお花見が楽します。

兼六園だけ見て帰っちゃう人も多いみたいですが、金沢城公園の桜も実に見事ですよ。

一覧ページへ戻る