北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 能登と若狭湾で漁獲される「イサザ」。春告魚とも言われています。

能登と若狭湾で漁獲される「イサザ」。春告魚とも言われています。

北陸物語案内人の若井です。

4月だというのに雪が降って、北陸ではなかなか春本番とは言えませんね。
そんな北陸に春の到来を告げる味覚の一つに「いさざ」があります。

いさざとは、白魚(シロウオ、ハゼ科の小魚)のこと。
春告魚とも言われ、春の訪れとともに、産卵のため北陸各地の河川を遡上してきます。
なかでも有名なのが、能登と若狭湾。

四つ手網という網を水中に沈めて、その上をいさざが通過するタイミングを見計らって、網を引きがげて捕まえる、原始的な「いさざ漁」は春の風物詩ともなっています。

いさざは、踊り食いが有名ですが、かき揚げや酢の物、玉子とじなどにしてもおいしく食べられます。
旬は今月下旬くらいまでと短く、この時期限定の味覚ですので、気になる方はお急ぎください。

(写真提供:福井県観光連盟)

一覧ページへ戻る