北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

今年の蜃気楼の発生率はいかに?/魚津市

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

温かい風が吹く季節となりました。
富山県魚津市の海岸は、蜃気楼が発生しやすいことで知られています。蜃気楼は光と冷たい空気・温かい空気の関係で、風景が浮いたり逆さに見えたりする現象です。

昨年、魚津市では発生率が例年より高く、近年なかなかチャンスに恵まれなかったAランクの蜃気楼が見られました。魚津市観光協会さんのfacebookでは蜃気楼出現に心躍る生のニュースが届けられました。今年の出現が気になるところです。

魚津市埋没林博物館のHPでは蜃気楼の発生回数や発生条件が詳しく掲載されています。念願の蜃気楼をご覧になりたい方にはとても参考になると思います。「魚津古今記」という文献によると、加賀藩 五代藩主 前田綱紀も魚津で蜃気楼を見たんだそうです!今年もAランクの発生を祈ります!

・魚津埋没林博物館HP
https://www.city.uozu.toyama.jp/nekkolnd/shinkiro/index.html

(写真提供:公益社団法人とやま観光推進機構)

一覧ページへ戻る