北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • ホーム
  • 記事一覧
  • 加賀温泉郷「山中温泉」総湯前、飲泉・足湯・温泉卵はいかがでしょう?/加賀市

加賀温泉郷「山中温泉」総湯前、飲泉・足湯・温泉卵はいかがでしょう?/加賀市

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

加賀温泉郷のひとつ「山中温泉」は、加賀市の山あいの温泉街です。
奈良時代の僧 行基により開湯されたと言われていて、白鷺が温泉で傷を癒したという伝説が残っています。

総湯は男湯と女湯が離れて2棟に分かれていて、地元の方にも温泉客の方にも好まれています。男湯の前には二羽の白鷺の像が、白鷺の反対側には飲泉と温泉卵作りを楽しむことができます。卵がお好きな方は、是非トライしてみてはいかがでしょう。また女湯の前では足湯でぽかぽか温まることができます。

山中温泉の総湯エリアは、温泉街の情緒漂う佇まいです。どちらかといえば、静かにのんびり過ごしたい方におすすめです。是非、お越し下さい。

<山中温泉 菊の湯>
・KAGA旅・まちネット
http://tabimati.net/midokoro/detail_kanko.php?p=3967
・一杯300円のカニ汁のふるまいは3/31までです!



一覧ページへ戻る