北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

北陸旅行で買って帰りたい銘菓⑦「高岡ラムネ」

北陸旅行で買って帰りたい銘菓 その7

北陸物語案内人の若井です。

本日紹介するのは、古くて新しいお菓子です。

見た目は落雁のようですが、実はコレ、ラムネなんですよ。

創業180年という老舗の和菓子屋さんが、考案した大人も愉しめるラムネ。「高岡ラムネ」といい、口に入れるとふわっと溶けてしまう上品さは、和菓子の木型を使って、ひとつひとつ職人さんが手作業で作っているからできるもの。

写真はユネスコ無形文化遺産にも登録された「御車山」にちなんだもので、他にも花や縁起物をかたどったものなど数種類があります。

歴史は浅いお菓子ですが、レトロでかわいいパッケージも評判で、すっかり高岡を代表する人気の銘菓となりました。経済産業省・地方創生プロジェクト「The Wonder 500」にも選ばれたそうです。

地元産のりんごを使っている「御車山」のほか、柚子や生姜、いちごなど、味も違うので、いくつか買って食べ比べてみるのもおすすめ。

ちなみに、このラムネを作っている大野屋さんには、大友家持の歌にちなんだ「とこなつ」という銘菓もありますので、あわせてどうぞ。

大野屋
http://www.ohno-ya.jp/

一覧ページへ戻る