北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

金沢駅東広場の鼓門と雪吊り/金沢市

北陸イメージアップ推進会議、倫代です。

雪吊りは、北陸の冬の風物詩です。

北陸の雪は湿気を含んでいて重たく、樹木に積もると枝が重みで折れてしまいます。幹に沿って「芯柱」を立て、その先端から傘のように縄を広げます。今期は平野部はまとまった雪が降っていなく、本来の役目はまだ先になりそうです。それでも冬の風景の主役です。

兼六園では樹齢200年の松の木の雪吊りが人気ですが、JR金沢駅前の雪吊りも鼓門と似合っていて、旅の記念撮影に一枚いかがでしょう。

一覧ページへ戻る