北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

化石発掘体験!福井県立恐竜博物館/勝山市

北陸物語案内人の若井です。

福井県立恐竜博物館に行ってきました。
ここは、世界三大恐竜博物館のひとつで、日本を代表する恐竜を中心とする地質・考古学の博物館です。
44体もの恐竜の全身骨格標本などが展示される本館とともに、2014年に本館からバスで30分ほどの発掘現場にできた「野外恐竜博物館」が話題で、私もようやく体験することができました。

「野外恐竜博物館」の見学は、本館前から専用バスで向かうツアー形式で行い、恐竜がラッピングされたバスでの往復時間1時間を含め所要時間は2時間あまり。
「野外恐竜博物館」へ向かうバスの車中では、ナビゲーターがあの手この手で期待感を掻き立ててくれます。
ツアーでは現地での滞在時間60分の間に、発掘現場見学、展示解説、そして化石発掘体験を行います。
この発掘現場の一部と、恐竜化石発掘調査により新種と認められた5種類の恐竜化石は今年2月に国の天然記念物に指定されたばかり。
展望台からその発掘現場を一望し、展示場では発掘された数々の貴重な化石の説明を受けます。化石の特徴や見分け方など、化石発掘体験に必要な予備知識を仕入れるため、参加者の表情は真剣そのもの。

そして、いよいよ化石発掘体験の開始。持参した軍手をはめ、目にはゴーグルをつけ、ハンマーとタガネを持って、カンカンカンと、さっき見学した発掘現場から持ち込まれた石を叩き割って化石を探します。研究員の先生が立ち会ってくれて、「これは!」と思うものがあればすぐに鑑定してくれるので心強い。
割る前からすでに化石がのぞいている石も多く、この日は同行者が骨らしきものやワニの歯らしきものを発見していました(いずれも学術的に貴重なものなので、博物館の研究に役立てられるとのこと)。同様の化石発掘体験は何度かやったことがありますが、これほど密度の濃いのは初めて。
まあ、私は大した発見はできませんでしたが、大きな石の塊を叩き割ることに快感を覚え、日ごろのうっぷん晴らしができて大いに楽しむことができました(笑)。

せっかく恐竜博物館に行ったら、野外恐竜博物館もぜひ体験しましょう。
なお、参加は2日前までに予約が必要で、休日などは満席になることもありますので、予定が決まったら早めの予約を。

詳しくは福井県立恐竜博物館の「野外恐竜博物館のご利用・ご予約について」をご覧ください。
https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/visit/fieldstation




一覧ページへ戻る