北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

福井県 「六呂師高原」 エアーズロック

こんにちは。北陸物語案内人の若井です。

北陸の人にもあまり知られていない巨石スポット、第2弾です。

福井県大野市と勝山市にまたがる六呂師高原やその下の台地には至るところに巨大な岩塊が点在しています。その理由は先日ご紹介した「大矢谷白山神社」岩塊と同じ、約3万年前に起こった経ヶ岳・保月山の大規模崩壊によるものです。

田んぼの中にこつ然と現れる巨石や岩塊を核に小さな山(流れ山という)が点在する光景は、摩訶不思議な感じがします。

写真の巨石は大野市伏石(六呂師高原)にあるもの。写真だとちょっと分かりにくいかもしれませんが、これでも高さ8m、横幅18mもあるそうです。

夕日に照らされて、ちょっとだけ「エアーズロック」のようにも見えませんか?

一覧ページへ戻る