北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

美観

富山

富岩運河環水公園スイートイルミネーション

JR富山駅から徒歩圏内にある富岩運河環水公園は、運河を中心として美しい空間が広がる街中のオアシス。日没後はライトアップされており、秋から冬にかけて「スイートイルミネーション」が実施されます。高さ11mのイルミネーションツリーなどをはじめ、約2万5,000個のLEDが水辺を鮮やかに彩り、ロマンチックな雰囲気に。

石川

白米千枚田あぜのきらめき

日本海に面した斜面に拓かれた1,004枚の棚田「白米千枚田」。冬の日没後、ここを舞台に行われるのが「あぜのきらめき」です。2万1,000個ものソーラーLEDが棚田を縁取り、幻想的な風景を描き出します。LEDは30分ごとでピンク色が黄色に変わり、日没から約4時間、ライトアップが楽しめます。

福井

福井県立恐竜博物館

福井は恐竜化石の発掘量が日本一で「恐竜王国」として注目を集めています。その象徴が勝山の福井県立恐竜博物館で、世界三大恐竜博物館の一つに挙げられるほどの規模を誇ります。館内には実物を含む44体もの恐竜全身骨格や1,000点を超える貴重な標本が並ぶほか、リアルな実物大ジオラマもあり、迫力満点です。


北陸 春の花回廊 自然も人も最も輝く季節

春は生命の営みが始まる季節。北陸の冬を越した生きものが、一斉に動き始める季節でもあります。山々からの雪解け水は、北陸に住む生きとし生けるすべての生命を潤し、その情景は人々の心もまた満たして、遺伝子に深く刻み込みながら、「北陸人らしさ」を育んでいきます。


北陸の自然 ダイナミックでワイルドな北陸を体感できるジオツアー

地球科学的に見て重要な地形や地質の自然遺産を観るジオツアーが静かな人気です。北陸には、「恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク」、「白山手取川ジオパーク」、「立山黒部ジオパーク」の3つのジオパークがあり(日本ジオパーク委員会認定)、これらに限らず、大地の息吹を感じさせてくれる地形や地質に関係する見どころは数知れません。そんな中からカメラファンにもおすすめしたい「絵になるスポット」を選んで、「海」と「山」の2つのルートを旅します。


伝えたい!豊かな自然とともに生きる 美しい暮らし

人には本来、自然とバランスよく付きあう(自然と共生できる)能力が備わっています。ところが、自然との距離 が離れてしまった都会暮らしではその感覚も薄れつつありませんか? そんな時は、心の奥底に眠る本能を 呼び覚ましに、人と自然の距離が近い北陸の里山里海にお出かけください。


ここでしか作れない家族の思い出 北陸の夏

「北陸で過ごす夏はこんなに楽しい!」ここでは、それを実感した2組の家族の夏休みを追いかけてみましょう。


自然と人が織りなす心象的な雪景色

"北陸は雪国"。これはいうまでもないことかも知れませんが、雪の少ない地方の皆さんにとって、この「雪国」という響きに旅情をかき立てられるという方も多いでしょう。