北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • HOME
  • 美心
  • 北陸で話題のミュージアム

北陸で話題のミュージアム

美術館、博物館をはじめ、北陸には地域に密着し、ユニークな展示が人気のミュージアムがたくさんあります。

万葉集からアニメまで。富山の文学を幅広く紹介。

【富山県富山市】 高志こしの国文学館


松川沿いにある旧知事公館の建物や緑豊かな庭園を活用
(写真提供:高志の国文学館)

富山県は、万葉歌人・大伴家持が223首もの歌を詠んだ越中万葉ゆかりの地。また、堀田善衞や源氏鶏太、角川源義といった作家を輩出し、富山が舞台となった文学作品も多数あります。さらに滝田洋二郎や細田守、藤子不二雄[A]、藤子・F・不二雄などの映画監督や漫画家も生んでいます。

常設展では、これら富山ゆかりの作家や作品の魅力を幅広く紹介しています。また、美しい庭を眺めながら本を読める「ライブラリーコーナー」や絵本を楽しめる「親子スペース」など、無料ゾーンも充実しています。

富山県富山市舟橋南町2-22/TEL:076-431-5492
休館日/火曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始
観覧料/<常設展>一般200円 <企画展>展覧会によって異なる http://www.koshibun.jp/

鈴木大拙だいせつの世界を学び、体験できる空間。

【石川県金沢市】 鈴木大拙館


思索空間と水鏡の庭
(写真提供:鈴木大拙館)

金沢市出身の仏教哲学者で、日本や東洋の文化を海外に広く知らしめた鈴木大拙への理解を深め、思索の場とすることを目的にして、2011年10月に開館しました。大拙生誕地の近くにあり、設計はニューヨーク近代美術館新館などを手がけ、金沢市にゆかりの深い谷口吉生氏。「展示空間」「学習空間」「思索空間」を回廊で結ぶとともに、「玄関の庭」「露地の庭」「水鏡の庭」によって構成されています。この3つの空間と3つの庭を回遊することによって、来館者それぞれが鈴木大拙について知り、学び、そして考えることができるように意図されています。


石川県金沢市本多町3丁目4番20号/TEL:076-221-8011
休館日/月曜日(休日の場合はその直後の平日)、年末年始、展示替え期間
入館料/一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料 http://www.kanazawa-museum.jp/daisetz/

恐竜の見つかった地層から化石を探す。野外恐竜博物館が人気。

【福井県勝山市】 福井県立恐竜博物館


野外恐竜博物館での発掘体験
(写真提供:福井県立恐竜博物館)

約4,500m²の巨大な展示室に44体の恐竜全身骨格をはじめとする千数百点もの標本が揃う、世界有数の恐竜博物館。実物大に再現された動くジオラマや映像などがリアルな恐竜の姿を伝えます。趣向を凝らした展示は全て学術的な裏付けに基づいており、研究者でも満足できる充実の内容です。

4月下旬から11月上旬まで営業している「野外恐竜博物館」では、5種の恐竜化石が発見された地層の岩石を用いて、タガネとハンマーを使った本格的な化石発掘が体験できます。他ではなかなかできない珍しい体験に、全国から来館者が訪れます。

福井県勝山市村岡町寺尾51-11/TEL:0779-88-0001
休館日/第2・第4水曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)、夏休み期間中は無休
入館料/一般720円、高大学生410円、小中学生260円
https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/