北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

スクリーンツーリズム ~現実とスクリーンの狭間を体験~

物語トップ福井県石川県富山県

現実とスクリーンの狭間を体験する

近年、映画のロケ地に北陸が選ばれることが多くなっています。そこには、かつての日本を感じさせる懐かしい風景が残っています。地元の人は気づきにくい、北陸の魅力の数々。映画はそれを描いてくれています。そんなロケ地をめぐってみませんか。

『舞妓 Haaaan!!! 』 (まいこはーん!!!) 2007年公開

人気脚本家の宮藤官九郎がシナリオを担当、ヒットした作品です。食品会社の社員鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、かつて修学旅行で迷子になったときに舞妓さんに助けられたことで、舞妓と遊ぶことを夢見るようになります。そんな中「かやく工場」と呼ばれる京都支社に転勤となり、念願の舞妓遊びができると意気込むもののさまざまなトラブルに見舞われます。京都を舞台にしつつも、一部のロケは金沢市の主計町茶屋街で行われました。


ロケ地・主計町茶屋街と並びその美しさが賞される、ひがし茶屋街

登場する「夢川町」は、金沢市主計町でロケが行われた。街灯の火と格子戸から漏れる光で、ほの明るく照らされた茶屋街の風情が格別

『武士の家計簿』 2010年公開

古文書から幕末の武士の暮らしを読み解いた磯田道史著「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」をもとに、昨年急逝した森田芳光監督が映画化。堺雅人と仲間由紀恵が初めて共演したことでも話題になりました。御算用者(経理係)として加賀藩に代々仕えてきた猪山家の八代目・直之。当時の武家社会は身分が高くなると出費が増える傾向にあり、猪山家の家計も窮地になり、直之の提案で武家とは思えないほどの倹約生活を実行することに。家族で助け合いながら、つつましく堅実に生きた一家を描いています。


ロケが行われた金沢城公園の石川門


映画でも登場した金沢城公園の橋爪門

かつて武士が住んでいた長町武家屋敷跡。現在も家屋が残る

ドラマにも使われた「戦艦三笠ミュージアム」に行こう!


再現された戦艦三笠

2009年石川県加賀市にオープンした、劇場型エンターテインメントテーマパーク「日本元気劇場」。日露戦争の日本海海戦で活躍した巨大戦艦「三笠」を再現した「戦艦三笠ミュージアム」を備えています。全長約80m、マストの高さ約50mと圧倒的なスケールと、高いクオリティを実現。NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』(司馬遼太郎原作、2009~11年放送)のロケが行われ、ロケ使用物なども展示しています。

【日本元気劇場】 石川県加賀市黒崎町27-1-1/TEL:0761-75-1100
営業時間/9:30~17:00(土日祝~18:00、夏休み~21:00) 定休日/水曜
入場料/大人600円(施設によって別料金あり[フリーパスあり])


物語トップ福井県石川県富山県