北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

スクリーンツーリズム ~現実とスクリーンの狭間を体験~

物語トップ福井県石川県富山県

現実とスクリーンの狭間を体験する

近年、映画のロケ地に北陸が選ばれることが多くなっています。そこには、かつての日本を感じさせる懐かしい風景が残っています。地元の人は気づきにくい、北陸の魅力の数々。映画はそれを描いてくれています。そんなロケ地をめぐってみませんか。

『ちはやふる』 [アニメ]2011年10月から放送中

原作漫画は2007年から連載しており、「第2回マンガ大賞2009」に輝いています。競技かるたに魅了され、競技かるた名人を目指す少女の物語です。作者から相談を受けていた編集担当者が福井県あわら市出身だったことから、競技かるたが盛んな"かるた王国"福井が題材に。主人公を競技に引き込む登場人物の出身地があわら市に設定されています。


あわら温泉の、初夏の菖蒲園


田園の中のあわら温泉

湯の3号線にある源泉(左)芦原温泉(右)

あわら温泉駅前にアンテナショップオープン

原作に登場する"勝義書店"の場所に、アンテナショップ"あわらんてな"が誕生しました。
特産品の展示や情報発信を行っています。
福井県あわら市春宮一丁目9-51 JR芦原温泉駅前(旧ウチダ酒店)
TEL:0776-73-1711
営業時間 9:00~18:00 営業期間 2012年2月29日まで

『HESOMORI ヘソモリ』 2011年9月公開

1500年の歴史を持つ越前和紙の産地を舞台に繰り広げられるファンタジーです。福井県ならではの日本的といえる自然が作品世界を美しく演出しています。5人の小学生が不思議な祠と穴(へそ)を発見、幕末に迷い込むが"へそもり"のおじいさんに助けられます。40年後、秘密の場所であった祠とへその穴が、世間に発覚。おじいさんから"へそもり"を受け継いでいたさとし(永島敏行)と友人たちは、悪いことに利用されないようちっぽけな闘いを始めます。


『HESOMORI』和紙漉きのシーンの撮影風景


『HESOMORI』に登場する今立の街並み

『ちりとてちん』 NHK連続テレビ小説]2007年放送

心配性でコンプレックスだらけのヒロイン(貫地谷しほり)が、高校卒業を目前に一大決心し、故郷の福井県小浜から大阪へと飛び出し、上方落語に出会う物語です。悩める"へたれ"な女の子が落語家を志す、人情あふれるドラマです。タイトルは上方落語の演題「ちりとてちん」(三味線のメロディを擬音化した言葉)からつけられました。


千本格子や長屋など風情ある町並みが続く三丁町


ロケ地・ちりとての丘

ロケ地となった西津浜

「お父さん犬」の故郷 注目を集める一乗谷

朝倉氏遺跡で知られる、福井市一乗谷。CMに使われる。


お父さんの実家として使われた
「そば処 利休庵」


CMのロケ風景

一乗谷が人気CMの舞台に
ソフトバンクモバイルのCM、カイ君ふんする「お父さん犬」でおなじみの『白戸家』シリーズに、一乗谷遺跡がお父さんの故郷として登場しました。2010年の冬を皮切りに、初夏に祖母(若尾文子)の実家に帰省する白戸家や、野外イベント『一乗谷 ROCK Festival 2011』に出演する"白戸家バンド"、郵便屋さん篇では一乗谷にウルトラマンも登場しています。お父さんは高校まで一乗谷で過ごしたとか。


一乗谷でロケが行われたCMのワンシーンより


写真提供:ソフトバンクモバイル


物語トップ福井県石川県富山県