北陸物語

サイトメニュー

閉じる

メニュー

English

  • HOME
  • 美心
  • 北陸の暮らしに根づく奇祭

北陸の暮らしに根づく奇祭

北陸には1年を通して多彩な祭りがありますが、そのなかにはオーソドックスな祭りのほかに、「奇祭」と呼んでもよいようなユニークな祭りも少なくありません。

目に見えない田の神をもてなす「あえのこと」

農耕の国である日本はかつて、農作物の豊凶がいちばんの関心事でした。そのため全国各地に田の神に豊作を祈る祭りがありますが、石川県奥能登地方に伝わる「あえのこと」は仕事を終えた目に見えない田の神を我が家に迎えてもてなす一風変わった祭りです。

豊作を願い、収穫を感謝する多くの祭りが集落を単位に行われるのとは対照的に、「饗応きょうおうの祭り」という意味を持つ「あえのこと」はそれぞれの家を単位に行われます。時期は家々によって異なるものの、通常は12月5日に田の神を家に迎え、翌年2月9日に家から送り出します。

「今日はあえのことでございます。長い間、土のなかでありがとうございました。お迎えに参りましたので、我が家までお出でください」

12月5日、裃姿かみしもの主人が目に見えない田の神を実在する客のように遇し、我が家に案内します。田の神は稲穂で目をついて不自由と信じられているため、田の神の手をとった主人は家に向かう途中、折にふれて「ここに段差があります。気をつけてください」などと気遣うのです。その後、入浴を勧め、座敷に案内してご馳走の品々をひとつひとつ説明しながら接待していきます。この地で代々、あえのことを営む主人の一人はこう語っています。

「あえのことはやり方が決まっているわけではなく、それぞれの家の方法で行います。目に見えない神様を真剣にもてなす姿は客観的にパントマイムに見えるかもしれませんが、私は神様がまさにそこにいるという気持ちで接しています」

こうして家の奥座敷に逗留した田の神はそのまま年を越し、立春過ぎの2月9日の田の神送りで再び、田んぼへと帰っていきます。目に見えない神様を接待する一人芝居は現代人の目には奇異に映るかもしれません。しかし大切な心はきっと目に見えるでしょう。「あえのこと」はそんなことを私たちに語りかけてきます。

神様の接し方も地域によってさまざま

神輿みこしは「神様の乗り物」です。丁寧に扱うものと考えがちですが、毎年7月、宇出津うしつの八坂神社で行われる「あばれ祭り」は「あえのこと」とは対照的に神輿を荒々しく扱い、ついには壊してしまいます。

昔、この地で悪病が流行した時、京都から祗園ぎおんの神を勧請して盛大に祭りを行ったのが始まりといわれています。祭り期間中、2基の神輿と数十基のキリコが早朝から深夜まで町中を練り歩き、最終日には担ぎ手が神輿を海や川、火のなかに投げ込んで暴れ回ります。

乱暴に扱われて神様は怒るのではないか、と思われる方もいるでしょう。しかし心配はいりません。祭りでは神様に思う存分暴れてもらい、心を鎮めてもらおうと考えられているからです。神様にとっては一種のストレス解消なのでしょうか。


7月第1金・土曜日に能登町宇出津地区で2日間にわたって行われるあばれ祭り


ごんごん祭りは県内各地の力自慢が参加し、1分以内に何回つけるかを競いあう(左・右上)。1月1日に加茂神社の新年慶賀祭として行われる鰤の読みあげ。行事が終わると、氏子全戸に鰤の切り身と鏡餅が配られる(右下)

富山県氷見市の上日寺で4月に行われる「ごんごん祭り」では力自慢の人々が数十kgの丸太を担ぎ、1分間で何度鐘をつけるかを競いあいます。江戸時代、大干ばつで困った農民が雨乞い祈願をしたところ、ようやく雨が降り、鐘をつきあって喜んだのが起源といわれるお祭りです。人々の激しい鐘つきは喜びの表現なのです。

富山県や石川県の一部の地域では、娘を嫁がせた家が婚家にぶりを贈る鰤歳暮の風習がありますが、富山県射水いみず市の加茂神社では元日、地区の人々から献納された鰤を切り分け、氏子家庭に配る「鰤分神事」を行います。成長するごとに名前を変える出世魚、鰤にあやかって1年の無病息災を祈る北陸らしい祭りです。

地域の歴史や文化を反映する奇祭の数々

福井県越前市では2月、大量のごぼうを食べて豊作を祈る「ごぼう講」が行われています。かつて年貢の取り立てに苦しむ農民が隠し田の収穫を喜んで年に一度、ごぼうをおかずに満腹になるまで食事を楽しんだのが始まりといわれています。

福井県美浜みはま町で1月に行われる「日向ひるがの水中綱引き」は下帯ひとつの若者たちが水中で大綱を引き、綱を早く切ろうと競い合います。綱引きによって1年の漁の豊凶を占う風習から生まれたもので、普段は穏やかな町もこの日ばかりは熱気と興奮に包まれます。


真冬の1月15日に、下帯ひとつの若者たちが水中で長さ40m、太さ30cmもの大綱を切り合う日向の水中綱引きは、300年の歴史がある(左上・右)。ごぼう講は地域の男衆が紋付羽織り袴の正装で集まって、神事ののち茶碗で豪快に酒を酌み交わし、ごぼう料理と白飯をお腹いっぱいになるまで食べる(左下)


小正月(2月6日)の夜、低い唸り声を上げて家の中に入り、茶釜のフタをたたきながら行儀の悪い子ども達を威嚇して歩くアッポッシャ。「アッポッシャ」とは方言で「餅が欲しい」という意味。福井市越廼地区に伝わる民俗行事(左)。小浜市の法雲寺では6月30日から7月1日にかけて、すり鉢を伏せた底でもぐさを焚き、その下を中風、難病除けを願いながらくぐるすり鉢くぐりが行われる(右)

北陸にはそれぞれの地域の歴史や文化を反映する奇祭が盛りだくさんです。全国的には過疎化や高齢化から消滅の危機にひんする祭りも少なくありませんが、北陸では時代が変わっても郷土を愛する人から人へ受け継がれ、日々の暮らしのなかで祭りが根づいています。

笑いあり、やさしさあり、そしてみなぎるパワーもある、ぜひ、そんな珍しいお祭りを求めて北陸を訪ねてみてください。


石川県加賀市菅生石部神社で2月に開催される御願神事では、白装束の青年たちが約200本の青竹を石畳などにたたきつけて割りつくす(左)
富山県射水市櫛田神社で9月に開催される秋季例大祭では、獅子や神輿が燃え立つ中を勢いよく駆け抜ける迫力満点の火渡りが行われる(右)

モデルコース