概要

北陸秋物語 No.59 日本の美は北陸にあり。

34?076-237-5115(北陸鉄道テレホンサービスセンター)【運行日】毎週土曜(※土曜以外の運行もあり)【料金】1回乗車大人300円、小人150円【運行時刻】金沢駅兼六園口(東口7番のりば)通常ルート:始発19:00/終発21:10(12便運行)特別ルート:始発19:05/終発21:35(6便運行)【金沢ライトアップバス専用フリー券】何度でも乗り降りできる便利なフリー乗車券です。[料金]大人500円、小人250円[販売場所]北鉄駅前センター、交通案内所内北鉄グループ案内所、片町サービスセンター、金沢市内のホテル詳しくは金沢ライトアップバス検索1円形の建物が目印の金沢21世紀美術館。入館無料の交流ゾーンは22:00まで開館。2金沢最大の繁華街・片町からも徒歩圏内にあるにし茶屋街。バーなどがありお酒が楽しめます。3金沢駅のシンボル鼓門は記念撮影スポットとしても人気。4尾山神社の神門。かつて金沢の沖を行く船から神門の灯りが見えたといわれています。利用すれば、途中下車しながら夜の散策を楽しめます。2曜を中心に運行する金沢ライトアップバス。お得なフリー券をスポットを1周43分(特別ルートは51分)で巡るのが、毎週土イカラな神門が幻想的に輝きます。こうした主なライトアップ田利家をまつる尾山神社では、ステンドグラスをはめ込んだハ威風堂々たる姿が夜空に映える金沢駅の鼓門。加賀藩祖・前れ、新旧が融合した街並みの美しさを際立たせます。例えば、日暮れ後には観光名所や歴史的建造物がライトアップさ物も景観に違和感なく溶け込む美しい街が魅力です。一方で、新しいもの好きな土地柄でもあり、斬新でモダンな建並みや建造物が数多く残る金沢。伝統や文化を重んじる金沢城跡や武家屋敷跡、3つの茶屋街など歴史的な街雅やかに照らされる城下町を巡る1金沢かなラざわイトアップバス通常は設定のない、ドリンク2杯とおつまみ(内容はその都度変わります)のセットが3,000円(チャージ料・消費税込み)で味わえます。便利でお得!「金沢美味」の使い方和食や洋食から寿司、カフェ、バーまで、多彩な店やメニューがラインナップ。お好きな金沢グルメを召し上がれ!【料金】1,000円、2,000円、3,000円、5,000円の4種類【使い方】1クーポンブックから購入したクーポン金額に応じたメニューを選択。2「要予約」と記載されている店には事前に予約を。3店でクーポンを提示。※有効期限は2019年3月31日まで【販売場所】金沢駅観光案内所、ANAクラウンプラザホテル金沢、ANAホリディ・イン金沢スカイ、金沢国際ホテル、金沢東急ホテル、金沢ニューグランドホテル、ホテル金沢、ホテル日航金沢、ホテルトラスティ金沢香林坊?076-232-5555(金沢市観光協会)詳しくはお食事&Barクーポン金沢美味検索長を満喫しましょう。にたたずむ和モダンなバーで、秋の夜雰囲気あるダイニングバーや、茶屋街して加わったバーは、チャージ料込み。を楽しで市内めま74店す舗。今で1年0か3らの新対ジ象ャンメニルュとー賀料理から気軽な居酒屋、甘味処ま種類のクーポンがあり、見目麗しい加めです。1000円?5000円の4るなら「金沢美味クーポン」がおすすグルメの宝庫、金沢をお得に旅すとなりました。景に、金沢は全国屈指の美食のまちけ継がれる豊かな食文化などを背にし茶屋街そばにある和酒バー「多わゝ」では、利酒師の女将がセレクトした地酒を楽しめます。夜の街として知られる片町界隈にはバーが多く、はしご酒も楽しみです。金お沢かな食ざわ事美び&味みが豊富であることや、藩政期から受大都市に次ぐ全国5位。山海の食材沢市民の外食費は東京や横浜などのす。総務省の家計調査によると、金金沢市民は外食好きで知られま食事&バーでお得に使えるBarクーポン北陸秋物語9※写真・イラストは全てイメージです。※気候・自然条件等により記事・写真のような景色が見られない場合があります。