概要

北陸秋物語 No.59 日本の美は北陸にあり。

暗がりに照らし出されて鮮やかさを増す紅葉と、美しい幾何学模様を描く雪吊り。園のシンボルとして知られる徽軫灯籠(ことじとうろう)が艶やかに照らし出されます。美観るに違いありません。は、加賀百万石の栄華を体感する印象的な思い出となライトアップされた兼六園と金沢城公園を巡る秋の夜長丸庭園でも幻想的な光の演出が行われ、こちらも必見。は異なる迫力に満ちています。園内の西側にある玉泉院な城郭建築がライトアップの光に浮かぶ光景は、日中とからの遺構も残り、往時がしのばれます。こうした壮大た。一方で金沢城のシンボルでもある石川門など江戸時代を使わない日本古来の木造軸組工法でよみがえりまし櫓(ひしやぐら)、河北門といった建物が、釘やボルトなどに入って復元が進み、五十間長屋(ごじっけんながや)や菱が行われます。加賀藩前田家の居城だった金沢城は平成期間中は、隣接する金沢城公園でも毎日ライトアップ景を楽しむことができます。アップ時間中は入園無料で、この時期しか見られない絶が、一幅の絵画のような壮麗さで来園者を圧倒。ライトうな紅葉と、水鏡に映る端正な雪吊りのコラボレーションこの時期に行われるライトアップでは、夜空に燃え立つよは、木々を雪の重みから守る雪吊り作業が始まります。が訪れます。11月、紅葉のベストシーズンを迎える園内で得し、世界に誇る名園として海外からも大勢の観光客庭園。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは三ツ星を獲歴代藩主が約180年の歳月をかけて造り上げた大名日本三名園のひとつに数えられる兼六園は、加賀藩の紅葉と雪吊りの美しいコラボラ金イ沢ト城ア・ッ兼プ六【園秋の段】あきだんかなざわじょうけんろくえん期間限定のライトアップも見逃せません。秋の夜は、その趣がいっそう深まります。歴史の面影を色濃く残し、高い美意識を醸す金沢の街並み。Ishikawa加夜賀空百に万し石っのと輝りきと映える□期11月9日(金)~12月1日(土)□時17:30~21:00□料無料※ライトアップ見学?076-225-1542(石川の四季観光キャンペーン実行委員会)詳しくは金沢城・兼六園ライトアップ検索【兼六園】□所石川県金沢市兼六町1□交JR金沢駅から城下まち金沢周遊バス左回りで約14分または兼六園シャトルで約20分、兼六園下・金沢城下車、徒歩約3分□時7:00~18:00(3月1日~10月15日)、8:00~17:00(10月16日~2月末)□料入園310円【金沢城公園】□所石川県金沢市丸の内1-1□交JR金沢駅から城下まち金沢周遊バス左回りで約14分または兼六園シャトルで約20分、兼六園下・金沢城下車、徒歩約4分□時7:00~18:00(3月1日~10月15日)、8:00~17:00(10月16日~2月末)□料入園無料(菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門は入館310円)コチラもCheck!玉泉院丸庭園ライトアップ加賀藩3代藩主・前田利常が作庭した玉泉院丸庭園が、2 0 1 5年に絵図や発掘調査をもとに復元されました。金・土曜、祝前日などに行われるライトアップでは、灯りや和楽器の音色による演出がみものです。?076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)□所石川県金沢市丸の内1-1(金沢城公園内)□期毎週金・土曜、祝前日※金沢城・兼六園ライトアップ開催期間中は毎日実施□時日没~21:00□料見学無料菱櫓と橋爪門続櫓、それらをつなぐ五十間長屋も荘厳にライトアップされます。北陸秋物語8