概要

北陸秋物語 No.59 日本の美は北陸にあり。

福井の魅力を伝える映像や、幕末明治の福井を紹介する映像などを、本丸跡にある福井県庁に投影。観客を近代日本の夜明けの世界へと誘います。?0776-20-0762(福井県ブランド営業課)□所福井県福井市大手3-17-1福井城址□交JR福井駅から徒歩約5分□期9月30日(日)~10月11日(木)、10月14日(日)・15日(月)□時18:00~20:00ており、日中の楽しみ方も多彩です。ウェイ体験などアクティビティも充実しす。スキージャム勝山では芝そりやセグがる「LEDスカイランタン」も催されま間で800個のランタンが夜空に舞い上満載。9月15日(土)・16日(日)には2日?0779-87-6109(スキージャム勝山)上絵が輝く展望台エリアなど見どころ時代を描く映像マッピングや、恐竜の地界を演出します。魚類たちが繁栄した生。約60万個のLEDで太古と恐竜の世に、北陸最大級のイルミネーションが誕豊かな自然が広がるスキージャム勝山□所福井県勝山市170-70スキージャム勝山□期7月14日(土)~10月28日(日)□交JR福井駅から車で約40分(法恩寺山有料道路通行料820円)□時18:30~22:00(9月15日~10月28日は17:30~21:00)□料大人1,000円■駅レンタカー福井営業所?0776-25-3150無数のLEDで飾られた光のトンネルは圧巻の美しさ。SNS映え間違いなしのイルミネーションスポットです。北陸秋物語福井県庁にプロジェクションマッピングを投影!プロジェクションマッピングイメージ九十九橋絵図や巽櫓、馬威しなど、往時をしのばせる映像が投影されます。奥越に輝く壮大な光の競演ジオ・イルミネーションスキージャム勝山かつやまントなども催されます。「福井城址しあわせプロジェクションマッピング」も同時開催。ジェクションマッピングが初開催されます。期間中は飲食ブースも出店し、ステージイベ地球誕生から恐竜の時代までを6つのエリアで色鮮やかに演出します。5※写真・イラストは全てイメージです。※気候・自然条件等により記事・写真のような景色が見られない場合があります。など、きらびやかなオブジェが港町を彩ります。万個のLEDが灯り、全長約門を復元。歴史を伝えるスポットとして注目を集める福井城址を舞台に今秋、プロイベント。敦賀港に面した金ヶ崎緑地に約70mの光のトンネル40守閣跡などを見ることができます。2018年には藩主も通ったであろう山里口御ミライエは今年5回目となるイルミネーション福井城址の本丸跡は福井県庁となっており、周辺では濠や石垣などの遺構や天ロな建造物が点在し、歴史を感じさせます。明治福井150年博」が開催されています。辺には明治期に建てられた赤レンガ倉庫などレトが活躍した幕末期。明治改元から150年を迎える今年、福井県内で「幕末へと通じる国際都市として発展しました。港周なえ、幕末の四賢侯といわれた春嶽をはじめ、多くの福井の先人が敷かれ、海路とシベリア鉄道を経由しヨーロッパ?090-3290-4112(「敦賀・鉄道と港」まちづくり実行委員会)□所福井県敦賀市金ヶ崎町金ヶ崎緑地□交JR敦賀駅から徒歩約25分(12月の土・日は夜間シャトルバス運行予定)■駅レンタカー敦賀営業所?0770-24-3702たのが、名君・松平春嶽率いる福井藩でした。早くから開国論をと賀。明治15年(1882)には日本海側初の鉄道激動の幕末期、薩長土肥といった雄藩に並ぶ重要な役割を担っ古くから大陸への玄関口として栄えた港町、敦美しい映像で福井の魅力に迫る港がきらめく光で包まれるプロジェクションマッピングミライエ幕ば末くまつ明めい治じ福ふ井くい150年博敦賀つる港がイこうルミネーション□期11月3日(土・祝)~12月25日(火)□時18:00~21:00(土・日曜、祝日は~22:00)□料無料